キングフーズ女社長のひとりごと。本来のろまで社長には向かないタイプ。会社は女4人、インドネシアへの食品輸出、海産物の通販(いか、えび、ふぐ)をしている。
プロフィール

あいあい

Author:あいあい
今世での名前は安岐麗子。㈱キングフーズを経営。インドネシアへ食品の輸出のお仕事、いかやふぐの通信販売のお仕事をしています。今、新しいお仕事をしようと奮闘中、くじけたり、また立ち上がったりの繰り返しです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西村お坊さん

お彼岸なので、夫のほうのお墓参りに庵治町へ行った。
何度も行ってるのに、夫は道を間違えて行き過ぎてしまったのでUターンしようと漁港の広いところへ出た。
そこにあじみなと番所という食事処が見えたのでお腹の空いていた私たちはうどんでも食べようと寄ってみる事にした。
そこは映画「世界の中心で愛を叫ぶ」で使われたロケ現場(お葬式のシーン)で撮影中スタッフや出演者が休憩場所として使っていたところだった。
そこに店主の西村嘉明さんが居た。
禅道場を道主をされている。
なぜか、私たちが入ると客足が途絶え西村さんが私たちに色々なお話をしてくださった。
とくに、映画セカチューのいくつかのシーンを仏教者としての考えや解釈で説明してくださった話は興味深かった。
驚いたことに、迷い込んだこの場所で私たちはたくさんのメッセージを頂くことになっていたようだ。
お話を伺いながら涙をこらえるのに苦労した。
それに、この話を聞くにはもっと深い意味のあったことにも気がついた。
本当にありがたい。何かに守られているかのよう・・・
 

屋島

高台のお墓から屋島を望む。
お墓参りもちゃんとして帰りました。
 
【今日のいちいち感動】
 ■「即今充実」= 今を一生懸命生きる
  禅の言葉だそうだが、改めて大切さを思う。
 (アキが朔太郎に最後に残したテープの中の言葉に込められている)
スポンサーサイト
<< うれしくない?誕生日 // HOME // お祝いの会 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kingfoods.blog38.fc2.com/tb.php/30-25125206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。