キングフーズ女社長のひとりごと。本来のろまで社長には向かないタイプ。会社は女4人、インドネシアへの食品輸出、海産物の通販(いか、えび、ふぐ)をしている。
プロフィール

あいあい

Author:あいあい
今世での名前は安岐麗子。㈱キングフーズを経営。インドネシアへ食品の輸出のお仕事、いかやふぐの通信販売のお仕事をしています。今、新しいお仕事をしようと奮闘中、くじけたり、また立ち上がったりの繰り返しです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人に誘われてあるパーティに参加した。
どんな人が参加するのか、どこが主催なのか聞かずに参加の返事をした。
なぜか?って・・・
パーティー会場が「流スタジオ」だったからだ。
「流スタジオ」とは、「世界の中心で愛を叫ぶ」で有名になった庵治町の半島の突端にある。彫刻家の流政之氏の自宅兼アトリエ・・・、まるで要塞のようなところだ

流先生と

私は15~16年前から、流先生のファンです。
私は大学を卒業してすぐ新神戸オリエンタルホテルのフロントで6年半ほど働いていたんだけど、流先生は時々泊まりに来られていたのだ。すごーく渋くてカッコイイ、とにかく重厚なオーラが先生の周りを巻いていた。お姿から目を離すことが出来ないくらいすごい存在感を持っていた。時々お話してくださったり、本をプレゼントしてくださったりした。今回は、流先生にお会いできるかもしれないと、ドキドキしながら出かけていった。セレブなパーティーということで、夫と二人でドレスアップして出掛けた。
会場は、半島の突端・・・、瀬戸内海が一望でき、しかも流先生の作品がそこかしこにあり、海の見える景色と一体化していて、そこはすごい空間だった。
流先生の作品が展示されてるホールにお料理が並べられ、アフリカ人が音楽を演奏していた。パーティーも佳境を迎えた頃、流先生が降りてきた。
先生は、16年前とほとんどお変わりなかった。変わらぬオーラを発し、存在感を放っていた。もう、83歳のはずなんだけど・・・。
年齢って・・・、関係ないんだと強く思った。
 
様子を見ながら、話しかけてみた。
覚えてくれていた。私のことを~~~
「結婚したって聞いたよ。フロントで・・・」だって
(そ、そ、それは前の結婚だけど
もう、もう、すごく、すごく、感動した。
 
今や国会議員になった小川淳也さんも来られていた。
清々しくて、爽やかで、かっこいいーーー
以前、まだ国会議員を目指していた頃、私がどうして官僚を辞め国会議員になろうと思ったのか、そのエネルギーが何処から湧き出るのか聞いたら・・・、一言
「日本人としての自尊心です]」と、きっぱり。
応援したいーーーーー

 
 

スポンサーサイト
<< すごいレベル // HOME // 朝から… >>
迫力が・・・
芸術家さんの迫力ってやつですか・・・

【2006/01/29 Sun】 URL // トトロ #PMoz9hdc [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kingfoods.blog38.fc2.com/tb.php/21-9ec08354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。