キングフーズ女社長のひとりごと。本来のろまで社長には向かないタイプ。会社は女4人、インドネシアへの食品輸出、海産物の通販(いか、えび、ふぐ)をしている。
プロフィール

あいあい

Author:あいあい
今世での名前は安岐麗子。㈱キングフーズを経営。インドネシアへ食品の輸出のお仕事、いかやふぐの通信販売のお仕事をしています。今、新しいお仕事をしようと奮闘中、くじけたり、また立ち上がったりの繰り返しです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近テニスをまた始めた。
昔使っていたラケットを引っ張り出すと、ガット張りの日付を見てびっくり!約10年も前だった。
 
一応テニス歴は長い。
小学校5年生で「エースをねらえ!」と出会い、テニスを始めた。
それから中学、高校と軟式テニスを、大学では硬式に転向して続けた。
 
実は私は運動音痴で、小学校の体育の成績はいつも2だったし、性格もイジイジしてて、いじめられっ子だった。よく泣いて家まで走って帰っていた。

でも、私はテニスのおかげで変わることができたと思っている。
 
小学校から友達と壁打ちしたりしていたので、中学でテニス部に入部したとき、たまたま新入生の中でも上手かった。
それが・・・、起爆剤になった。
今まで抱えていた劣等感が爆発して、パワーになったのだ。
それ以来、テニスばかになってしまった。
寝ても覚めてもテニスのことばかりで、テニスはうまくなるけど、成績は下がるばっかりだった。
でも、気がつくと体育の成績は4に、いじめられっ子のオーラも薄れていた。
 
そんな・・・私にとっては特別だった、大好きなテニスを忘れていた。
なんでだろう?
忙しいから・・・? 仕事?子育て?
 
最初打つとき、久しぶりで不安だったけど、すぐに感覚が戻ってきた。
体が覚えている感じ。
ただ、すぐ息が切れてしんどくなって、思うように体が動かない。
胸のあたりが痛くなってくる・・・
 
おニューのテニスラケット.jpg
で・・・、新しいテニスラケット買っちゃった。
全然打ちやすい。「10年ひと昔」とはよく言ったものだ!

 
【今日のいちいち感動】
息子とテニスすると、すぐケンカになる。
私が教えると、素直に聞かない。嫌がる。反抗する、そしてアクタレ言葉をおっしゃる。
この負けず嫌いの性格、誰に似たんだろう?
我が息子ながら、呆れる。


スポンサーサイト
// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。